田舎のピアノ教室、30周年発表会

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

田舎のピアノ教室30周年
妻が子供の頃に習っていたピアノ教室が、今年で30周年。明日、記念の発表会があるので、お花を贈りました。妻はその教室の「一期生」。30年前、先生は、指導者デビューしたての若女子だったとは、ちょっと不思議な気分。

実は20周年の記念発表会に、妻と二人で連弾を弾かせてもらったのです。そのときは、私、ぜんぜんピアノなんて弾いてなかったので、“なんちゃって演奏水準”だったはず。恥ずかしい思い出だ。ちなみに、宇多田ヒカルの「First Love」を弾いたっけ。あれから、10年経ったんだ。光陰矢のごとし。

あの頃は、私がピアノを弾いても、妻は温かい目で見てくれました。たまに連弾を弾いたりもしました。ところが、三年前から、私が毎晩、不倫のようにピアノにのめりこみ始めると、妻はすっかりピアノから離れてしまいました。今ではすっかり「ピアノ」という言葉が家で禁句です‥‥。

ごめんなさい、妻のピアノの先生。そして、教室30周年、おめでとうございます。

コメント

  1. kana より:

    いいですねー!夫婦で連弾。ピアノに2人横に座って弾くというのが、人生を2人で同じ方向に進んでいく(大袈裟?)というように見えて、デュオとかトリオと違って魅力的に見えます。w 2人の「距離感」が難しいかもしれませんが。
    バイオリン、練習しておきますねー

  2. 鍵盤うさぎ より:

    今からでも、二人で連弾したいのですが、なかなか応じてくれません。よっぽど、私の普段の行いが悪いのでしょう。