練習日誌- 鳳組長にやる気をもらう

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード オクターブを12の長調で(使用楽譜
ショパン/三つの新練習曲 第2番 変ニ長調使用楽譜
クープラン/クラヴサン曲集 第13組曲より「ゆりの花ひらく」使用楽譜

日曜の国際アマコン、A部門の審査終了後に記念演奏として、昨年、A部門で一位を受賞された大和誉典さんの演奏がありました。

大和さんは「芸術集団鳳組」という謎の組織を主宰されており、以前から気になる存在だったのです。組長は、鋼琴修行之道という練習日誌を書かれており、練習の継続性という点で大いに刺激を受けておりました。鋼琴修行之道とこのブログを読み比べると、いかに私が練習をさぼっているか一目瞭然。家に帰って、「練習どうしようかなぁ、やろうかな、やめようかな」と思った時は、鋼琴修行之道を読むとモチベーションのカンフル剤になります。

鳳組長の「鋼琴修行之道」

日曜、アマコン終了後、赤坂見附のイタリアンレストランで懇親会があり、組長に初めて挨拶させていただきました。鳳組というだけあって、黄金色にまばゆく輝くようなゴージャスな男性のイメージを持っていたのですが、お話してみると実直な印象を持つ方でホッとしました。私も対抗して、兎組を組織しようかな。

というわけで、この夏、仕事とプライベートに課題を抱えており、なかなかピアノのプライオリティーが上げられないのですが、昨夜は鋼琴修行之道を読んで発奮し、深夜一時から断固として練習をしました。

ところで、うちの師匠から左手の3と4の指の分離がまだまだできていない、と指摘を受けているので、ここの強化を考えております。コルトーのメトードとかどうなんでしょう。アンダ・ゲーザは、指の分離にはコルトーのメトードが最高と言ってたらしいし。

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    鳳組長は、ロシアのフィギュアスケーター(トリノ五輪金メダリスト)のプルシェンコに似てるといつも思ってるんですが、私だけでしょーか。

  2. 鍵盤うさぎ より:

    メガネを外されると、確かにそうかもです。

  3. 丘の魔女 より:

    鍵盤うさぎさん おはようございます!

    コルトーのメトードってこれのことかしら? 

    ALFRED CORTOT PRINCIPES RATIONNELS
    DE LA TECHNIQUE PIANISTIQUE
    (EDITIONS SALABERT) PARIS

    私は学生時代はもっぱらこれを使用しました。
    今から00年前ですが・・・。
    教授のお勧めで取り寄せましたが、修行の道でした。

    コルトー 、やる気さえあればいいですよ。
    あらゆる角度からのテクニックの勉強になりました。

    でもたいていの人は投げ出します。

    一回り大きい楽譜です。

  4. 鍵盤うさぎ より:

    丘の魔女様、そうそう、これです。「修行」という文字にふさわしいメトードみたいですね。やはり、ピシュナにしようかな‥‥。