右足でオクターブの練習をしてみましょう

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

左足の指
プライベートが転機を迎えており、ブログの更新が滞っておりますが、ちゃんと生きてます。

ちょこっとだけ近況報告です。

昨日は、オクターブのフィンガートレーニングをやってみました。右足の1の指と5の指で身体を支え、2、3、4の指は脱力します。2、3、4の指は若干上向きに。

右足ができるようになったら、次は左足です。

片足ずつ確実にできるようになったら、両足で踏みふみ。

3か月間続けることで、「乙女の祈り」も楽々両足で弾けるようになりますよ‥‥たぶん。

スポンサーリンク

コメント

  1. yoshimi より:

    こんにちは。
    たしか、ミケランジェリが、”鼻で弾こうが足で弾こうが、綺麗な音が出せればいいんだ”とか言っていたような…。(正確なフレーズは忘れましたが)
    ルービンシュタインか誰か他のピアニストも、似たようなことを言ってました。
    綺麗な音が出るまで、頑張って練習してくださいね~。

  2. より:

    足の親指、大事です!
    1/16とかのペダリングは足の平では踏まないで、足の親指だけで調整だと思います。

  3. 鍵盤うさぎ より:

    yoshimiさま、コメントありがとうございます。なんと、ミケランジェリもルビンシュタインも、そんなことを言ってたとは! でも、足の指で遊んでいると、つりそうになります(笑)。

  4. 鍵盤うさぎ より:

    茜さん、なるほど。そういや、手の指に比べるとペダリングは体系的に学んでいないなぁ。