20代女性は、マジ40代男性に惹かれるの?

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

私の本業は若女子向けのサービスで、社内に20代若女子が多いゆえ、何だかんだ言いながら、二週に一度は一緒に飲んでいる。会社の部下であったり、パートナーのスタッフであったり。

私は、お酒をあまり飲まないくちだから、たいていにぎやかな“カフェ飯”みたいな雰囲気になる。夜に仕事の話をしたり、説教しありするのは好きじゃない。なので、いつも昔の恋話の突き合いに終始する。要はバカ話だ。

でも、本心を言うと、時々ちょっと不安に思うことがある。このコたち、私と一緒にいて本当に楽しいんだろうか、と。

若女子って本当は心の中で何を考えているか、よくわからないものだ。思っていることと逆のことを平気で言ったりすることがしょっちゅうだし。

最近、中学・高校の男子同級生の飲み会に、20代の若女子がしばしば参加する。由緒正しい老舗企業に勤める丸の内OLだ。先週金曜も二次会まで参加したらしい(私は一次会で帰った)。

で、今日、たまたま一緒に帰った同級生に「彼女ら、オレらと一緒にいて、ホント楽しいの?」と訊いてみた。そしたら「すごく楽しいらしいよ、マジで」だって。

全員妻子持ちの40代男性より、金曜夜は若い男子と一緒にいた方が盛り上がるだろうに‥‥。

なんて思っていたら、『いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか(講談社+α新書)』って本が売れていることを耳にした。

40代男性と20代女性。彼ら彼女らは、ちょうど「壁期」という、その後の人生の選択を迫られている時期にいます。ストレスを強く感じているという点で共通する両者ですが、当然のことながら抱えるストレスの内容も質も違えば、解消したい方向性や求めていることも違います。それゆえに、このふたつの世代はお互いに穴を埋め合う関係性であり、まるで引き寄せられるかのように惹かれ合う、という実態が浮かび上がってきました。

だって!

ま、確かに私、「壁期」ではあるな‥‥。

そういや、以前の部下の若女子が辞める際、「最後に説教くさいけど」と、彼女が勤めていた数年間を総括の上、今後の課題を明示してあげたら、「私、大人の男性に説教されるのが好きなんです」なんてウルウルした瞳で言われて、ドン引きしたことがあったっけ。

いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか
上は、先週金曜の40代男子の飲み会にやってきた原田知世そっくりの若女子。性格もお行儀もとってもいいコ。

あぁ、私があと10数年若ければ‥‥。

スポンサーリンク