ユーミンを聴くホームレスの男性

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

昨日の昼休みのできごと。

会社近くの公園のベンチでお茶飲んでいたら、隣のベンチにホームレスの男性が座ったんです。年格好は50歳前後でしょうか。荷物をいっぱい持ってて、やわらCDラジカセを取り出して、大きな音量で音楽をかけ始めたんです。

で、流れた音楽が昔のユーミンのアルバム。「時をかける少女」や「ダンデライオン」が入ってる『ボイジャー』。

若いころからずっと好きだったのかな、ユーミン。なんか、とっても切なかった。日本の青春の落日を感じました。

まぁ、私だって将来のシミュレーションとして、あり得ない姿ではないです。本当にいま、生活破綻は中高年にとって身近な存在だから。

数年後、公園でグールドやキース・エマーソンを聴いている鍵盤うさぎを見つけても、冷たい目で見ないでくださいね。

スポンサーリンク