キース・ジャレット公演、SS席早くも完売…

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

キース・ジャレット
今年、楽しみにしているライブが三つあります。

  • キャロル・キング&ジェームス・テイラー
  • クリスチャン・ツィメルマン&ハーゲン弦楽四重奏団
  • キース・ジャレット、ジャック・ディジョネット、ゲイリー・ピーコック
  • ……このラインナップで、私の音楽における趣味がわかっていただけるのでは?

    ……ちなみにツィメルマンは、ショパンソナタ2曲のソロリサイタルより室内楽がいい!

    私が、10代でピアノを辞めた一番大きな理由は大学受験にあるのですが、もう一つの理由は、高校3年生くらいから、クラシックピアノよりも次第にジャズピアノに興味が移ったことです。

    その導火線に火をつけたピアニストが、キース・ジャレットとリッチー・バイラークでした。特に、1983年からリリースされた、キース・ジャレット(ピアノ)、ジャック・ディジョネット(ドラム)、ゲイリー・ピーコック(ベース)によるトリオ「スタンダーズ」は、新鮮でスリリング。「スタンダーズ」と出会って以降、2年ほどはピアノといえば、クラシックよりジャズばかり聴くことになりました。

    写真を見ると、「わ、三人とも老人(=巨匠)になったんだな」とびっくり。キースは今年65歳。スタンダーズで一世を風靡していた頃は、私と同じアラフォーだったのですな。クリスチャン・ツィメルマンとキース・ジャレット。私にとって現代最高の巨匠です。

    で、スタンダーズのチケット買わなきゃと思ったら、早くもSS席は売り切れ。あちゃ。観客の平均年齢高いんだろうな……。

    コメント

    1. kabocha518 より:

      キース・ジャレット、もう初老なんですね・・・・
      (人の事言えませんが)
      高2の時、「ケルンコンサート」が発売になり、御茶ノ水のレコード屋さんで買って、家で聴いたら傷があって3回プツ、プツ、プツと入っていたのがショックでした。
      高3の時には、2万円以上出して「サンベアコンサート」(日本公演・10枚組レコード)を買いました。
      まわりからものすごくアホだとののしられましたが、今本棚の宝になってます。
      生で聴きたいものです。
      キースの平均律も好きです。

    2. 鍵盤うさぎ より:

      kabocha518様、こんにちは。私、「ケルンコンサート」 デビューは、スタンダーズより後でした。ピアノアルバム史上に輝く名盤ですね! 10枚組レコードというのもすごいです。

      キースのバッハは、ピアノの平均律よりも、チェンバロのゴールドベルク変奏曲の方が好みでしょうか。あの一風変わったアリアの歌い方が、好きなんです。