海外旅行準備! 不吉な妻の呪文‥‥

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

私は、元バックパッカーで海外旅行が大好き。20歳で初めて中国を旅して以来、21年間、出張も含めて毎年海外に出かけていた。中国、韓国のパートナーと仕事をやっていたときは、年に6回出かけたこともある。業績が好調だった5年ほど前は、毎年春休みは、家族で海外旅行に出かけた。

ところが、昨年は初めて海外に出ない年になった。ビジネスもプライベートも内向きな一年だった。その分、時間とお金をピアノに注ぎはしたが‥‥。

「久しぶりに海外旅行したい」と言ってはみたが

ただ、年がら年中、東京で働き、暮らしていると気分が煮詰まるので、昨年秋、「来春、どこか海外に行かない?」と妻に相談してみた。

そのときは、

「うちのどこにそんなお金があるの!」

と、けんもほろろだった。何も反論をせずに退散した。

ところが、年が明けて二月になると、今度は

「たまには、どこか海外に行きたいんだけど」

と、妻が言い始めた。

唖然!

釈然としない思いはあったが、そのうち気分が変わって、また海外旅行なんて経済的に無理!なんて言いかねない。さっさと予約してしまおうとポジティブに考えた。それに、正月や盆の時期に旅行をするより、子供の春休み時期の方がリーズナブルだしね。

海にするか街にするか、迷ったが、前回はオーストラリアのケアンズだったので、今回は香港に決めた。香港は13年ぶり3度目。前回、訪れたのは中国返還前。最初の会社を辞めた退職金で、ペニンシュラホテルに泊まって豪遊したっけ。ペニンシュラとまでは行かないが、それでも街なかのいいホテルには宿泊したい。

ネットで海外旅行検索幸い、13年前に比べるとインターネット予約という便利なツールがある。私自身、情報通信のプロフェッショナルの誇りにかけて、自分で調べて予約を入れることにした。

期間は、3月30日から4月4日の5泊6日。せっかくなんで一週間以上の休暇を取りたかったが、仕事のスケジュールや子供の入学準備を考えると、6日間が精一杯だ。子供が小学校入学前は、家族でサイパン9泊10日滞在ってこともやった。10日間くらい休みが取れると、プールでウダウダするだけの日が作れたりして、本当は楽しいのだが‥‥。

インターネットを駆使して

ただ、リーマンショック以降、私の年俸は激減したので、ぜいたくな旅はできない。だからといって、バックパッカー時代のようにユースホステルのドミトリーに宿泊するわけにもいかず、夜中、時間をかけてインターネットで情報収集するところから始めた。ピアノの練習時間を削って(涙)。

まず、航空券は、航空会社未定で一人往復19,000円!という破格のチケットをゲット。入国税、サーチャージ込みでも一人往復30,000円以内。これ以上安いチケットはないだろう。航空会社は、デルタ航空の深夜到着&早朝出発便を予想していたら、やはりデルタだった。ちなみに私はデルタとANAのヘビーユーザーだ。

行きは夜23時に香港着。帰りは朝8時に香港発である。なので、5泊6日とはいえ、香港滞在は中4日間だ。一週間の旅程にしたかったが、他の日は座席がないので仕方ない。チケット代を指定口座に振り込んだ後、デルタ航空のホームページにアクセスして、行きと帰りの座席を確定させる。子供が、窓際に座れるような座席の並びにした。

ホテルは、家族で二部屋が必要。できればコネクティングができる部屋がいいので、エクスペディアアップルワールドで、なるべくキャパシティの大きい中心部のホテルにあたりをつけた。こちらも、インターコンチネンタル系のホテルマイレージ会員なので、インターコンチをまず見てみたが、さすがに港に面したツィムシャツォイの一等地だけに値段が高い。

結局、日曜にエクスペディアのカスタマーサポートに電話をして、香港島のハッピーバレー近くに四つ星ホテルを、1泊1部屋11,600円で予約ができた。部屋のコネクティングもできるので、まずは安心。

海外旅行の書類それから、子供の海外旅行傷害保険。私は短期出張の際、保険には入らないことが多い。「必要ないんじゃない?」というと、妻が「何、言っているの?」と憮然としたので、仕方なく、比較サイト「保険市場」でシミュレーションしてみた。これまでは、損保ジャパンの保険を購入することが多かったが、三井住友海上のファミリー向けのものがお得なことが判明。私と妻は、クレジットカードに付帯しているので、子供の分だけを購入。

最後に、成田の空港近くの駐車場。こちらもいろいろ調べたら、ネット予約限定で6日間で5000円ちょっと。クルマの場所移動もなく管理がしっかりしてそうで、デルタ航空のマイレージも貯まる駐車場を発見。早速、予約。

この手の諸々の作業は、みんな旅行会社に頼めば手っ取り早いのだろうけど、現在の家計の状況では仕方あるまい。

妻の不吉な呪文

エビデンスとして、予約確認書をすべてプリントアウトして、作業終了。貴重な休日のピアノの練習時間を、何時間つぶしたことだろう‥‥。

ここまで終えてクリアファイルに入れたら、妻が尋ねてきた。

「あと二日だけど、ホテルとか大丈夫なの?」
「完璧だよ」

「ホントかしら‥‥」

最後のひと言は、何やらトラブルを招きよせる呪文のようだ‥‥。

コメント

  1. かな より:

    いいですね。家族旅行。
    気をつけて、行ってきてください。
    月末日は出社されてから、出発ですよね?モチロンw

  2. 鍵盤うさぎ より:

    かなさん、こんにちは。久しぶりの海外旅行なので、楽しんできます。もちろん明日から休みですヨ。