スケールとアルペジオ練習は必要ない!?

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノ鍵盤仕事を終えて、フィンガートレーニングへ。

今日は、ずっと素朴に疑問に思っていたを先生にたずねてみた。

「先生、スケールとアルペジオ練習って意味あるのでしょうか?」

私は、三年前にピアノを再開して以来、楽曲練習に入る前、ハノンのスケールとアルペジオをメニューに入れている。中学生、高校生の頃の習慣で、何となく基本動作としてやった方がいいと思っている。体育の時間の前のラジオ体操第一みたいなものかな。

ただ、仕事で一番よくないのは、作業の意味を考えずに前任者のやり方を、長年、漫然と踏襲し続けること。素朴な疑問が、実は問題の核心だったりすることはままある。

「スケールとアルペジオねぇ。何のためにしてるの?」
「いや、昔やっていたから、当然やるものだと思ってたのですが」
「例えば、調のイメージをつかむためなら、練習の意味はある。ただ、音大の入学試験の課題にはなっているけど、私は必要ないと思う」

なんと! スケールとアルペジオ練習が必要ないとは!

「指や手をほぐすのが目的なら、こういう練習もあるわよ」

と、指をくぐらせる練習のオリジナルの手書き楽譜をいただいた。

指のくぐらせのみをクローズアップした、短いメトードだ。まず右手だけ、次に左手だけ、そして両手、メトロノームに合わせて正確に弾く。右手と両手は対称的な動きなのだけど、メトロノームのテンポを上げると、両手がパラレルに動いてしまいそうになる。

こういう練習は、男性の生徒は燃えるようだ。もちろん私も燃える。確かに、こちらの方が短い時間で効果があがりそう。

その後、もう一つ、質問。左手の中指が手を広げたときに、ピンと伸びてしまうクセについて。こちらもずっと気になっていた。ビデオで手元をアップにして撮影すると、どうも中指が不自然なのだ。

これは、左手の小指が外側に開いた際、支えが効かないため、必然的に手のひら全体に力が入ってしまうのが原因らしい。小指の付け根の外側の筋力を鍛えることで、解決できると。右手に関しては、一年前に比べると、小指の支えが効いてきたのか、軽くオクターブも連打できるようになった。右手小指の支えにより、他の指が脱力できるのだろう。

数年前、「ツェルニーは必要ない」と言われたときも衝撃だったけど、ハノンのスケール&アルペジオも絶対に必要なわけじゃないとは! でも、スケールとアルペジオやらないと、何だか物足りない気がするけど……。

私が中学、高校生だった1980年代の練習法は、20世紀の練習方法なのだろう。何も考えずに漫然と練習を続けるのはダメだと思った。


鍵盤うさぎが実践中のトレーニンググッズ
トレーニングボードトレーニングボード 短い時間で最大の効果がある新しい指の訓練法
監修/御木本澄子
発売/グリム

指の力をつけたい・各指の独立・薬指の強化・右手同様の左手の自由な動き。細かく正確で早い動き・指先と鍵盤の一体化・伸展時の可動域の拡大・スムーズな内転・外転・手首の脱力等々。指の弱い方のためのトレーニングが段階的にできる。
正しいピアノ奏法正しいピアノ奏法―美しい音と優れたテクニックをつくる
脳・骨格・筋肉の科学的研究による革新的メソッド

著者/御木本澄子 発行/音楽之友社

同じように練習しているのに、ある子は進歩し他の子はうまくならない‥‥これは「生まれつき」の問題と考えられてきた。著者の開発した「御木本メソッド」で、それぞれの肉体的条件にふさわしい訓練を行えば、限界はかなり乗り越えられる。

スポンサーリンク

コメント

  1. アンダンテ より:

    スケールとアルペジオも、ハノンも、やったことないんですが…
    せめて曲の中に出てきたときは部分練習したりとかはかろうじてやってます。

    それでも、なぜかバイオリンを練習するときはほぼ必ずスケールとアルペジオからやっていて(笑)はっきりいって贔屓?? …いやいや、スケール弾けたからってピアノの弾きたい曲が弾けるようには別にならないし、一方バイオリンはスケールとアルペジオが弾ければたいがいなんとかなりそうだっていう理由がいちおうあります。これが、楽器の特性によるものなのか、現状レベルの違いによるものなのかどうもよくわからないんだけど…

  2. 鍵盤うさぎ より:

    アンダンテさん、こんにちは。私も、やっぱり基本練習であることには違いない気がしています。