メトネル/おとぎ話 op.14-2「騎士の行進」

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


ロシアの重戦車!ボリス・ベレゾフスキー演奏するメトネルの「騎士の行進」。

唐突ですが、ロシアでは伝統的に歩兵のことを「狙撃兵」と呼ぶそうです。なので、機械化歩兵連隊は、「自動車化狙撃連隊」というそうです。私、軍事的知識は乏しいのですが、もともと騎兵が担っていた役割を、自動車化狙撃兵が担っているのでしょうか。

で、何でこんなこと言うかというと、中央アジアのどこか、ロシアの戦闘車両に乗った狙撃兵が移動する様子をドキュメンタリー番組で見たことがあったんです。その映像のイメージが、メトネルの「騎士の行進」にばっちり合うのです。

↓ こんな感じ ↓

ロシアの戦車
二声のメロディーがカノンのようにかけ合うところは、数台の戦闘車両が平原を追い越したり、抜かれたりしながら、軽快に走っているみたい。

こういうイマジネーションって、絶対に女性はしないんでしょうね。

スポンサーリンク