うちにもいる「カンテツな女」

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

NHKの番組「カンテツの女」が話題になっている。夜を徹して働く女性にフォーカスしたドキュメンタリーだ。第一回はテレビ通販会社コールセンターのディレクター、先週の第二回は池袋の美容師、そして明日、第三回は銀座のディスプレーデザイナーが主人公。なぜ夜を通して働くのか? 夜が明け、仕事が終わるまでを追うことで、徹夜で働く女性たちの心の内を明らかにしている。

「カンテツの女」とまでは行かないまでも、私の部署にも終電までバリバリに働きまくる20代の若女子がいる。芯が強い、といえばそれまでだけど、“使命”を帯びたように働く彼女の姿を見ていると、「今日、早く帰って練習しなきゃ」とか邪念に苛まれる私は、時折、後ろめたい気持ちになってしまう。

そんな彼女が、今週いっぱい友人と海外旅行に出かけた。すごくホッとしている。ホワイトボードに「休暇」って書いて会社のドアを出て行ってから、絵文字いっぱいのデコメをケータイに送った。「楽しんどいで♪」って。

そんな東京の働く若女子に捧げます、柴咲コウ『眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ』。私の大好きなプロモーションビデオです。

スポンサーリンク