練習日誌- 新練習曲、9度の頻出に頭を抱える

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ガソリンスタンド今日はスコーンと晴れて暖かかった。なので、朝からガソリン補給→オイル交換→洗車→ワックスがけというクルマのメンテナンスデー。アンドラーシュ・シフのバッハをBGMに、気持ちよく昼間を過ごせた。

夕方五時から、練習開始。

金子勝子/瞬発力のメトード オクターブを12の長調で(使用楽譜
ハノン/スケールとアルペジオ 嬰ト短調(使用楽譜
ショパン/三つの新練習曲 第2番 変ニ長調使用楽譜
バッハ/トッカータ BWV914 ホ短調使用楽譜

今日も、新練習曲の変ニ長調に時間を割いた。後半の10度や9度の開きが頻繁に出てくる。特に、最後の9度が連続する箇所が難しい。
ショパン「新練習曲」ソプラノはレガート、アルトはスタッカートなわけで、アルトからソプラノに分散和音にする以外ないのだが、どうも上手く弾けない。まいった。手の大きな人がうらやましい。下の動画の人は、ラストをうまく弾きこなしている。手の動きをよーく観察してはみるんだけど‥‥うーむ、わからん。

スポンサーリンク