練習日誌- コンクールが終わって「新学期」開始

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード オクターブを12の長調で(使用楽譜
ショパン/三つの新練習曲 第2番 変ニ長調使用楽譜
ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜
クープラン/クラヴサン曲集 第13組曲より「お人好しのかっこうたち」
クープラン/クラヴサン曲集 第6組曲より「神秘のバリケード」

月曜にコンクールも終わったので、今週から「新学期」といった感じ。久しぶりに新曲に取り組む。

ショパンの練習曲は作品10-6を新しく追加。これは師匠からも勧められていた曲。ただ、ここのところ短調の曲が多かったので避けていた。譜読みを開始、まずはコード進行で和声だけで弾いてみる。

クープランは「お人好しのかっこうたち」を指慣らしに弾いてみた。初見でも弾けそうな1ページの簡単な曲だ。それから、クープランに詳しいアマチュアの知人から勧めてもらった「神秘の障壁」。こちらは、シンコペーションが続く声部のうつろいが魅力なのだけど、リズムの取り方にちょっと苦戦しそう。

スポンサーリンク

コメント

  1. Chopanists より:

    ショパンのエチュード(新練習曲は通常、エチュードとは呼ばない)の中で
    OP10-6とOP25-7は最も易しい曲として知られていますね!
    他のエチュードはこんなもんではないですよ。
    エチュードデビュー頑張ってください!応援してます。

  2. 鍵盤うさぎ より:

    Chopanists様、はじめまして。気長にゆっくりマスターしていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いします。