練習日誌- 正月早々公民館で練習してはみたが

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード オクターブを12の長調で(使用楽譜
ハノン/スケールとアルペジオ ロ長調(使用楽譜
ショパン/三つの新練習曲 第1番 ヘ短調使用楽譜
ショパン/ノクターン 第1番 op.9-1 変ロ短調使用楽譜

夜7時から公民館のピアノのある部屋を借りた。正月三が日から営業とは頼もしい。ただ、いつもの担当者じゃないので、ピアノの鍵を探すのにずいぶん時間がかかった。部屋代は2時間で400円。ピアノレンタルは300円。今日の担当者は、ピアノレンタル代を徴収しなければならないこと、知らなかったみたい。私が「ピアノ代は?」と訊ねると、「え? ピアノ代って必要なんですか?」って、何だかどちらが利用者なんだか‥‥。

部屋に入ると寒い! さすがに正月三が日から公民館を利用する人は皆無なので、建物が冷え切っている。ピアノの蓋を開けて、鍵盤に触れてみたら鍵盤が冷たい! とりあえず、空調を25度にして、強風ガンガンで部屋を温めた。

指のメトードをしっかりやって、スケールとアルペジオをバリエーション込みで練習をしたら、何だか集中力がなくなってしまった。正月三が日の夜、誰もいない公民館でピアノを弾いていると、なぜだか微妙にミジメな気分になってくるのだ。ピアノを弾くのをやめると、空調のボォーっという音だけが響くのだ。夜7時から公民館のピアノのある部屋を借りた。正月三が日から営業とは頼もしい。ただ、いつもの担当者じゃないので、ピアノの鍵を探すのにずいぶん時間がかかった。

それでも、明日は本番だし、9時前まで気を取り直して練習をしたけど、集中力かけているから、頭の中に来週の仕事のことやら浮かんでは消える。こんなことなら、家でNHKの大河ドラマ「龍馬伝」を見ればよかったかな‥‥。

スポンサーリンク