練習日誌- モーツァルトK.310、明確な音を意識する

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜
モーツァルト/ピアノソナタ K.310 イ短調 第1楽章使用楽譜

深夜0時30分スタート。

ショパンの練習曲はアルトを極力弱く、ベースとソプラノで歌うように注意。ずいぶんとマシな響きになってきた気がする。

モーツァルトは、レガートの部分を徹底的に部分練習。この曲は、夏のアマコンで弾こうと覆っている。ベーゼンドルファーインペリアルがきっちり鳴らせられるよう、鍵盤の底まで深くタッチすることを意識して練習した。


指の支えをつくるメトード(応用)&レパートリー15指の支えをつくるメトード(応用)&レパートリー15
編/金子勝子
発行/春秋社

うちの師匠のメトードの楽譜です。門下生は全員がこのメトードをやっています。基礎編もありますが、ツェルニー30番が弾ける人は応用編をおすすめします。

スポンサーリンク