海原千里・万里のライブは圧倒的だった

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


私は、生まれてから30歳になるまで大阪で過ごした。30歳になって東京に出てきて、何が味気なかったって、土曜のお昼すぎ、吉本新喜劇をテレビで見られないことだ。これは、東京で暮らし始めた、多くの大阪人が感じるカルチャーショックである。

20年前に比べると、お金も人も情報も、ますます東京を中心に動くようになっている気がするが、唯一「笑い」に関しては、今なお大阪が孤高を誇っていると思う。特にナマで観るお笑いは、やっぱり大阪でないと。

海原千里・万里小学生の頃、祖母に連れられて、海原千里・万里の漫才を梅田コマ劇場で観たことがある。老若男女、いろんな漫才師が出たショーだったが、高校生姉妹の漫才は本当に圧倒的だった。観客全員が引き込まれた。結婚を期に解散した二人だが、千里・万里コンビが続いていたら、今いくよ・くるよコンビはきっと陰に隠れてしまったのじゃないだろうか。

お二人は第一回上方お笑い大賞で銀賞受賞。ちなみに金賞はコメディNo.1が受賞。うーむ、 ハリーナ・チェルニー=ステファンスカとベラ・ダヴィドヴィチが、優勝を分け合った第4回のショパンコンクールみたいだ。

ところで、千里・万里コンビは、歌もめちゃめちゃ上手かった。最後に「大阪ラプソディー」を歌って、彼女たちのステージが終わるのだが、もう観客全員が笑顔で手拍子。漫才、歌唱、兼ね備えた最強の女性コンビだったな。

下は2007年に二人が歌った「大阪ラプソディー」。1975年にリリースされ、40万枚を売り上げたヒット曲。当時、高校生だった海原万里さん、この11月に還暦を迎えられたのですね。二人の「大阪ラプソディー」、もう一度、ナマで聴いてみたいな。

スポンサーリンク

コメント

  1. エステ荘の住人 より:

    ご無沙汰です。
    私も関西出身ですが、この大阪ラプソディーは名曲ですよね。
    帰省すると、訳もなく御堂筋を歩きたくなります。
    たまにNHKの歌番組見ていると、一人で歌っていらっしゃいますねー。

  2. 鍵盤うさぎ より:

    エステ荘の住人様、お久しぶりです。エステ荘の冬はいかがでしょうか(笑)。大阪人としては、もう一曲「悲しい色やね」ですね!