キャロル・キング「Anyone at All」

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ユー・ガット・メール来春のキャロル・キング&ジェームズ・テイラー武道館公演のニュースで、眠れなくなってしまった。夜中2時を過ぎて、YouTubeの字幕付動画を見ながら、一人歌うハイテンションなうさぎであります。

最近(といっても10年前になるのか)の曲で、お気に入りは「Anyone at All」。映画『You’ve got a mail』の主題歌ですね。ラストシーン、メグ・ライアンとトム・ハンクスがしっかりハグした後(きゃ!)、エンディングでこの曲が流れるわけですよー。

You could have been anyone at all
And let that catches me when I fall
I’m so glad it was you
あなたじゃなくて、他の誰かだったかもしれない。
落ちる私を受け止めてくれる、
それがあなたで本当によかった。

いやー、いい歌詞でしゅね。クリスマス気分が盛り上がりましゅ。

スポンサーリンク

コメント

  1. 口笛太郎 より:

    「AOL」のプロモーションビデオのような映画でした。
    でも楽しい映画。ハッピーエンドが一番です。
    この曲は抜群に良いね。キャロル・キングに捨て曲なし。「つづれおり」だけではないのだ!武道館は今度こそ参戦します!

  2. 鍵盤うさぎ より:

    口笛太郎くん、武道館、参戦してくれたまえ。楽しみにしております。