映画『ホビット 思いがけない冒険』の感想

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

映画『ホビット 思いがけない冒険』息子のリクエストで
映画『ホビット 思いがけない冒険』
へ。彼は『ロード・オブ・ザ・リング』の大ファンで、続編のこの映画を楽しみにしていた。観終わって、息子は大変満足していたが、私はの感想は‥‥

「また、やるの? 三部作」

だった。

『ホビット』は、この後2013年12月に第二部、2014年7月に第三部が公開される予定。全体の構造としては、『スター・ウォーズ』シリーズに似ている。エピソード4~6が『ロード・オブ・ザ・リング』にあたり、エピソード1~3が『ホビット』になる。

物語は、『ロード・オブ・ザ・リング』の第一部「旅の仲間」の最初のシーンと同じ日から始まる。『ロード・オブ・ザ・リング』の主人公、フロド・バギンズの養父、ビルボ・バギンズの若き日の旅の回想がテーマ。

ところが、ストーリー構成は『ロード・オブ・ザ・リング』とほぼ同じ。登場人物も多くがかぶる。

● 思いがけないきっかけで仲間と旅をする。
● 最初は信じあえなかった仲間が、困難を越えて結束
● 魔法使い・ガンダルフが重要な役割を果たす
● 圧倒的な強さを持つ敵
● 壮大な「中つ国」の大地 等

ロール・プレイング・ゲーム的な展開が好きな人には楽しめるかもしれないが、私には二匹目のドジョウにしか思えなかった。

ただ、『ロード・オブ・ザ・リング』でドワーフ族のギムリが、エルフ族に対して常に猜疑心を持っていた理由が明かされている。『ロード・オブ・ザ・リング』の謎解きの楽しさはありそう。

五つ星評価で星二つ☆☆★★★。


映画『ホビット 思いがけない冒険』公式サイト
ぴあ映画生活『ホビット 思いがけない冒険』作品レビュー

スポンサーリンク