妄想バカンス – フランツ・リストに捧ぐ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

フランツ・リスト肖像画最近、エステ荘に住む方からコメントをいただいた。チボリのエステ荘か……一度は旅してみたいものだ。ローマ皇帝の避暑地だからな、素敵なバカンスが過ごせそう。

バカンスか、いいな。

エステ荘の噴水で涼みながら、ダンテを読んだりドン・ジョヴァンニノルマについて回想したり、詩的で宗教的な調べに耳を傾けたりね。

週末は遠出してさ、ワレンシュタットの湖畔や、オーベルマンの谷にも出かけてみたいな。小鳥に説教してみたり、水の上を歩く訓練もしてみたい。ゴンドラを漕ぐ女性物思いに沈む人との出会いも楽しみだ。運が良ければ、鬼火も見られるみたい。

金曜のパーティーでは、死ぬほど踊ろうメフィストのワルツもいいけど、ほら、あれ、ド忘れしちゃったワルツもいいよね。心を高めよ!ってね。

そんな踊り疲れたバカンスの夜は、きっと高貴な愛の夢が見られるはず。

スポンサーリンク