映画『クララ・シューマン 愛の協奏曲』について

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


クララ・シューマンそういや、以前、どこかのウェブサイトで「美人ピアニスト投票」ってのがあり、クララさん、現役女性ピアニストを押しのけ、堂々一位を獲得しておりました。左はご結婚前のクララちゃんです。この肖像画を見たら、たいていのオトコどもは「萌え」でしょう。

しかし、クララさん、八児!の母親ですからね。

八児ですよ!八児! 「8児だョ!全員集合!」なんて叫ぶ、いかりや長介扮する肝っ玉母さんを、私はイメージしてしまいます(なお、長男のエミール君は1歳で死亡し、三男フェルディナント君は後に自殺しています)。実際、妊娠しつつ子連れで、ヨーロッパ中を演奏旅行していたのですから、やっぱり肝っ玉母さんだ。
‥‥あと、ロベルトは、演奏&育児でお疲れの母ちゃんを、毎晩ベッドに押し倒していたのでしょうか‥‥母ちゃん、えらいよ‥‥。

それはともかく。

この映画『クララ・シューマン 愛の協奏曲』は、ブラームス家の末裔、ヘルマ・サンダース=ブラームスさんという女性が監督。クララ、ロベルト、ヨハネスの「微妙な三角関係」をテーマに描いているところが興味津々です。

現在、渋谷のBunkamura ル・シネマにて、“愛のロードショー”中(笑)。

観にいかねば。