練習日誌- フレンチバロックはほぼ解凍できたかな

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード(使用楽譜
ハノン/ピアノ教本 スケール&アルペジオ ヘ長調&ニ短調(使用楽譜
ラモー/クラヴサン曲集より「ため息」使用楽譜
クープラン/クラヴサン曲集 第13組曲より「葦」使用楽譜
バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第2巻 ロ短調 前奏曲とフーガ使用楽譜

夜10時スタート。師匠のメトード、スケールとアルペジオを45分ほどかけてしっかりやった。

バッハ、平均律のフーガ。ほぼほぼ通して弾けるのだが、三声が交わるところがどうおもうるさい。どれかの声部を出して、どれかの声部を引っ込めないとうるさくなる。引き算について考えてみないと。明日からの課題だ。

フランソワ・クープランの「葦」、ラモーの「ため息」ともに急に記憶が蘇った。レパートリーを解凍する際、ある時、一気に思い出すものだろうか。


フーガ (文庫クセジュ)フーガ (文庫クセジュ)
著者/マルセル・ビッチ、ジャン・ボンフィス
翻訳/余田安広 監修/池内友次郎
発行・/白水社

フーガって、厳格な形式やルールを想像していないだろうか? 著者いわく「フーガとは主題、主唱からはじまる、模倣に基づいた対位法的な展開」以外の何物でもないと。すごく簡単にいうと、「最初にメロディーを歌って、次にメロディーを多少アレンジをして、属調あるいは下属調でハモッて歌えば、これもフーガ」ってことだ。以前、こちらのページでも書評を書きましたので、ぜひご参考に。