10年ぶりのタキシードをクリーニングに

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

タキシードの男性来週、入賞者演奏会まで一週間ばかり。今回は、初めてタキシードを着てみるっぺ。クローゼットからホコリがかぶったタキシード、押入れの奥から蝶ネクタイとサスペンドを取り出す。ポケットには、弟の結婚式の披露宴の座席札が入っていた。ということは、前回、タキシード着たのって10年も前なのかな。肩のホコリが気になるので、クリーニングに出した。来週土曜の仕上がり。

正直、タキシードはちょっと苦手。ジョージ・クルーニーのような中年オヤジ(写真左)なら、カッコいいのだけど。日本人のオヤジがタキシードを着ると、昭和ムード歌謡曲全盛期のロスプリモスやフランク永井を思い出しちゃんですね。うーむ、ピアノソナタ、ノクターンよりも、「ラブユー東京」「有楽町で逢いましょう」「たそがれの銀座」って感じなんだよな‥‥。

スポンサーリンク