トップアマチュアピアニスト、Mさんと居酒屋にて

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

海外のアマチュアピアノコンクールで優勝、日本のトップアマチュアピアニストの一人、Mさんと夜、食事をする。

お会いするきかっけは、Mさんの日記に、私の会社近くの公園の写真が掲載されていたこと。思わずコメントを書き込むと、なんと!お互い四月から、同じエリアで勤務を始めたことがわかった。じゃ、ご飯でもということに。

夜八時に待ち合わせをして、駅近くの居酒屋へ。お互いサラリーマンの正装、私とは15歳ほど離れているから、外から見たら会社の先輩・後輩にしか見えないかも。Mさん、ステージ写真しか見たことなかったから、間近でみるサラリーマン姿は新鮮だ。二人とも大阪出身なので、いきなり大阪弁のフランクな雰囲気に。仕事のこと、ピアノのこと、東京暮らしのこと、楽しい二時間半を過ごした。

お互い掌をを合わせると、Mさんも私と同じくオクターブが届くほどの小さな手。「オクターブが、なかなかつかめないのですよ」とこぼすと、「右手だけでいいから、シューマンのトッカータが効果ありますよ。あの曲、弾いたら掌が広がりました。経験済みです」とアドバイスをくれた。でも、私にとっては超難曲です‥‥。

時々、昼ごはんに誘おうっと。

下は、ジョルジュ・シフラ演奏、シューマンのトッカータ p.7。シフラは鼻歌まじりに弾いていますが、大変な難曲であります。