ピティナの無料誌、今ごろ届いても

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピティナの会員になっているので、定期的に「ピアノステージ」というフリーペーパーが届きます。今週、最新号が届いたのですが、掲載されているコンサートやセミナー、ほとんどが3、4月で終了しているものばかり。おかしいな、と思って発行日を確認すると、2009年1月31日発行だって。2月に送ったものが遅れて今ごろ届いたのかな、と思ったんだけど、2009年5月1日付けの「ピアノステージの最新号をお送りいたします」って文書が入っていた。

これ、何じゃらほい?

私は、情報通信系のお仕事をしてますが、すでに終了している情報を掲載した媒体を、課金会員に郵送するなんてありえないです。制作費、郵送費も、年会費から捻出されているわけですから。

それに、「ピアノステージ」の表紙まわりには、ヤマハや河合楽器の広告が入っています。広告主は、数万部が発行日周辺でちゃんと読者(潜在顧客)に到達するというのを前提にして広告出稿してます。発行日を数ヶ月も過ぎて読者に届けても、広告業界では「事故」とみなされます。
大丈夫だろうか‥‥。