ショパン新練習曲、タッチに絞ってレッスン

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

夜7時30分から、久しぶりにフィンガートレーニングのレッスン。今日は趣向を変えて、7月初旬にステップに参加するので、自由曲のショパンの新エチュード 変イ長調を先生に聞いてもらった。

課題は二つ。右手の重音がベタベタとしてしまうこと。左手のラインが見えてこないこと。

右手の重音については、すべての音を明確に弾こうとするから硬質の音になってしまい、軽さが出なくなってしまう。8分の6拍子の先頭以外は、軽く落とすくらいの気持ちで弾いてOK。タァタァタァではなく、タタ「タ」というニュアンスを覚えるようにした。
それから、右手のメロディラインより、左手のラインを聴くようにしてちょうどいいバランスになるよう。この曲、実は左手のラインが肝だったりする。

今日は一時間、この曲のタッチについてしっかり教えていただいた。

レッスンの帰り、池袋のレンタルスタジオに立ち寄る。夜9時30分から1時間、グランドピアノで今日やったことの復習。そろそろ、この曲、細かい部分まで完成させたいのだけど‥‥。


鍵盤うさぎが実践中のトレーニンググッズ
トレーニングボードトレーニングボード 短い時間で最大の効果がある新しい指の訓練法
監修/御木本澄子
発売/グリム

指の力をつけたい・各指の独立・薬指の強化・右手同様の左手の自由な動き。細かく正確で早い動き・指先と鍵盤の一体化・伸展時の可動域の拡大・スムーズな内転・外転・手首の脱力等々。指の弱い方のためのトレーニングが段階的にできる。
正しいピアノ奏法正しいピアノ奏法―美しい音と優れたテクニックをつくる
脳・骨格・筋肉の科学的研究による革新的メソッド

著者/御木本澄子 発行/音楽之友社

同じように練習しているのに、ある子は進歩し他の子はうまくならない‥‥これは「生まれつき」の問題と考えられてきた。著者の開発した「御木本メソッド」で、それぞれの肉体的条件にふさわしい訓練を行えば、限界はかなり乗り越えられる。

スポンサーリンク