犬のおまわりさん by Queen

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」、私の青春のナンバーであります。1970年代末、当時、男子の99%は、中学に上がるまで「ピアノなんて女のコの習いごと」という認識でした。中学生になってロックに目覚め、ピアノ少年を覚醒したように鍵盤に向かわせたのが、この曲‥‥というエピソードは以前、記事にしました

グッチ裕三氏が、素晴らしいパロディに仕立てています。「犬のおまわりさん」、バッチリ合ってます。本当の歌詞は「お母さん、僕は人殺しをしてしまった」って曲なのですが。


ちなみに、下が原作。ボーカルのフレディ・マーキュリーも、ギターのブライアン・メイも若い若い。


ちなみに、「ボヘミアン・ラプソディ」は、2002年にギネス・ワールド・レコーズ社が31000人以上からアンケートを取った「英国史上最高のシングル曲は?」で、ジョン・レノンの「イマジン」やビートルズ「ヘイ・ジュード」を抑えて第一位を獲得。20世紀の偉大な名曲であります。

スポンサーリンク