悲惨なピアノのイスを買い換えた

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

古いピアノのイス自宅のアップライトピアノは昨年夏にオーバーホールをして、中身は新品同様になった。ところが、ピアノのイスは20年ほど前にクラビノーバを買った際、無料でつけてくれたものをずっと使い続けていた。高さは調節できないイスで本来はよくないのだが、長年使っているうちに、逆にイスの高さに自分の姿勢を慣らしてしまったようだ。

ただ、さすがに20年間使っていると、上部のビニールが剥がれて、中のスポンジがあらわになってきた。特に、息子がエレキギターを弾くようになって、ギターの友人が遊びに来るようになってからひどくなった。そろそろ買い換えないとと思ってはいたが、粗大ゴミに持っていくのがじゃまくさくてそのままにしていた。

一昨日、ふと楽天のサイトにログインすると15,000ポイントも貯まっている。あまり意識はしていなかったが、いつの間にやら最上級のダイヤモンド会員になっていた。50円で1ポイントなので、この数年で75万円も買い物をしていたのか。そんなに買い物をした覚えはないのだが‥‥。

楽天のサイトで「ピアノ イス」でキーワード検索すると、いろんなイスがヒットした。背もたれのあるものか、背もたれのないものか、最初悩んだが、姿勢よく練習できそうなので「背もたれなし」のものにした。

ピアノイスは、イトマサと甲南というメーカーがメジャーなようだ。

いろいろ比較して、イトマサの「AE」というシンプルでリーズナブルなものにした。中国製だが、複数のオンラインショップのレビューを見ても評価が高かった。

昨日、ポイントを使って注文したら、今日の午前中には早くも届いた。早速、梱包を解いてみる。ピアノのイスの梱包イスの足は自分でネジを締めて取り付けないといけないが、10分ほどで組み立てられた。どっしりとした重さでシートはちょっと硬め。私は硬めの方が好きなのでまったく問題ない。

ただ、高さを調節するクルマの部分がプラスチックで少しちゃちいかな。ま、自宅の防音室内で使用するだけだから、装飾的要素は必要ない。
新しいピアノのイスイスを新しくするだけで、何だか練習のモチベーションも上がるものですね。


ピアノのイスピアノイス AE(ブラック) 高低自在椅子
メーカー/ITOMASA/イトマサ

木脚
無段階調節式(両ハンドル式)
高級レザー張り6ボタン止め
寸法:約57×35×46~54cm

スポンサーリンク