個人株主懇談会で弦楽四重奏を

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

私が務めている会社では、年に一度の株主総会の他に、個人株主向けの懇談会を数か月に一度開催している。一回150~200名の規模で、2日間で午前午後の4回開催。1テーブル4~6人の株主(とお連れ様)に、部長クラス以上の社員が一人相対して、じっくりと意見交換をする催しだ。

私は、いつのまにやらレギュラーメンバーになってしまい、昨日はすでに7回目の参加となった。7回目とはいえ、会社を支える株主であるので、普段の業務とは違った気遣いが必要だ。お話しているときはテンション高い状態ではあるが、終了後、どっと疲れがあふれ出す。昨夜は帰宅後、夜9時にはたまらずベッドに入り、起きたら朝11時だった。月末に振替休日は取得する予定だ。

株主懇談会ところで、株主懇談会では、毎回、小さなエンタテインメントを用意している。前回、前々回は落語だったが、今回は東京芸大の学生グループによる弦楽四重奏だった。アイネ・クライネ・ナハトムジークやら、マイ・フェア・レディやら、誰でも耳にしたことのある楽曲を5曲ほど演奏。若さあふれる清々しい演奏だった。

それから、一人のメンバーがどこかで聞いたことがある名前だな、と思ったら、以前に国際アマコンで一緒に参加した女性の妹さんだった。世間は狭いというか、奇遇というか‥‥。