練習日誌- 音大受験生のような選曲

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード(使用楽譜
ハノン/ピアノ教本 スケール&アルペジオ イ長調&嬰ヘ短調(使用楽譜
バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第2巻 ロ短調 前奏曲とフーガ使用楽譜
モーツァルト/ピアノソナタ K.310 イ短調 第2楽章使用楽譜
ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜

三連休の三日目。久しぶりにしっかりとピアノを練習した。

師匠のメトードにスケール&アルペジオ、バッハの平均律、モーツァルトのソナタ、ショパンのエチュードと、何だか一昔前の音大の実技入試の課題曲みたいだ。

バッハの平均律 第2巻のロ短調は、前奏曲とフーガの装飾音に絞って部分練習。前奏曲は装飾音がまずまずきれいに入るが、フーガのトリルは運指を根本的に見直す必要がある。左右片手ずつ、運指を確認した。

モーツァルトのイ短調ソナタは、第1楽章は昨年ほぼ仕上げたので、第2楽章に取り掛かる。ソナタ形式で展開部がドラマティック大規模な第2楽章だ。年末年始、しっかりアナリーゼをやろう。

ショパンのエチュード 変ホ短調 op.10-6、左手のパターンをゆっくり練習する。まずは左手だけ。


フーガ (文庫クセジュ)フーガ (文庫クセジュ)
著者/マルセル・ビッチ、ジャン・ボンフィス
翻訳/余田安広  監修/池内友次郎
発行・/白水社

フーガって、厳格な形式やルールを想像していないだろうか? 著者いわく「フーガとは主題、主唱からはじまる、模倣に基づいた対位法的な展開」以外の何物でもないと。すごく簡単にいうと、「最初にメロディーを歌って、次にメロディーを多少アレンジをして、属調あるいは下属調でハモッて歌えば、これもフーガ」ってことだ。以前、こちらのページでも書評を書きましたので、ぜひご参考に。