シューマン「ピアノ協奏曲Op.54」byアルゲリッチ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

協奏曲を初めて記事にします。私が最も好きなシューマンのピアノ協奏曲 Op.54 イ短調です。演奏は、ピアノがマルタ・アルゲリッチ、リッカルド・シャイー指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。ピアニストも指揮者もオーケストラも、これまた私がもっとも好きなアーティスト。で、場所はこの曲の初演の地、ライプツィヒ。2006年6月の演奏。

アルゲリッチさん、今年で67歳。ハリー・ポッターに出てきそうな「大魔法使い」的貫禄ですが、衰えを知らぬテクニックは本当にすごい。弱音からフォルテシモまで、ダイナミックなアルゲリッチ節がうなります。その一方で、第一楽章のクラリネットの掛け合いなど、室内楽を感じさせる繊細なインタープレイ。やはり、今なお女王ですね。リッカルド・シャイーとゲヴァントハウス管弦楽団の演奏も緊張感があふれ、特に第三楽章のラスト、キレのあるテンポの取り方がピアノを引き立てています。

こんな演奏、実際に聴いたら、鳥肌立つだろうな。


シューマン/ピアノ協奏曲チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番/シューマン:ピアノ協奏曲
演奏/マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
レーベル/ユニバーサル ミュージック クラシック

ピアニスト、マルタ・アルゲリッチによるピアノ協奏曲集。華麗なピアノの演奏技巧と民族的色彩感に溢れるロシア風の旋律をオーケストラが奏でる、古典的な協奏曲様式で綴られたチャイコフスキーの第1番。内省的で繊細なロマン的詩情が横溢する、幻想味豊かなシューマンのイ短調を収録。(Amazonより)