ショパンの「匠の技」に感嘆(追記)

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ショパンの新エチュード第3番の中間部、帰りの電車の中で気づいた新たな発見。
ショパン新練習曲変イ長調A-flatE augAA augB-flatD augBB augCm

メインの和声を、A-flatから半音ずつ上がって行きつつ、何と「踏み台」のオギュメントをE augから五度ずつ下降させているよぉ! ひゃ、芸が細かい。

1)メインの和声  A-flatAB-flatBCm
2)踏み台のオギュメント  E augA augD aug
3)内声部  C → C# → D → D# → E

なるほど、上の三つの糸を「組み紐」にして上昇させているんだ。匠の技だな。