練習日誌- ショパン、新練習曲の「匠の技」に感嘆

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード 12の長調で(使用楽譜
ヴェルド/ピアノのテクニック 特別のポジション 第3番・第4番(使用楽譜
ハノン/スケールとアルペジオ 変ロ長調(使用楽譜
バッハ/シンフォニア 第14番 変ロ長調使用楽譜
ショパン/三つの新練習曲 第3番 変イ長調使用楽譜
ラフマニノフ/幻想的小品集 Op.3-1 エレジー使用楽譜

夜11時に練習開始。週の始まりってことで基礎練習をしっかりやる。シンフォニアも前回のレッスンで指摘された「親指から立ち上がるスムーズな跳躍」を注意するようにする。ここまでで1時間。夜食の洗い物で気分転換してから後半戦へ。

今夜は、ショパンの新エチュード第3番の中間部を和声分析する。

ショパン新練習曲の分析
いやー、さすがはショパン! プロフェッショナルなコード進行! 当然だけど。

A-flatE augAA augB-flatD augBB augCm

A-flatから半音ずつ上がっていくのに、オギュメントを踏み台にするなんてしびれます。これ、即興演奏でも使えそう。なおかつ、内声に「C→ C# → D → D# → E」を、隠し味で効かせておくとは。すげー! こういう「匠の技」って大好き。

なんてことをアナリーゼしているうちに1時ごろになっちまった。ささっと、エレジーのアルペジオを練習して今夜はおしまい。エレジーのアナリーゼもやらねば‥‥。