ヴィクター・ボーグ、爆笑のハンガリー狂詩曲

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ヨーロッパやアメリカには、偉大なコメディピアニストがいます。日本じゃ、清水ミチコさんがいい線いっているけど、物真似の域を超えていないですね。

20世紀の偉大なるコメディピアニスト、ヴィクター・ボーグ(ビクター・ボルゲ)のコントは、緻密に完成された“笑い”の芸術を感じます。でも、トムとジェリーやバッグス・バニーの短編にもありますが、リストのハンガリー狂詩曲ってコメディアンの魂に刺さるものがあるのでしょうか? 本当に素晴らしい連弾ですね。