ラヴェル「ラ・ヴァルス」by イム・ドンヒョク

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

韓国の新星、イム・ドンヒョクくんの演奏する、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」。韓国のアーティストって、線は細いけど、シャープで緊張感がある演奏をする人が多いな。イム・ドンヒョクの演奏も精巧で、はかなくて、でも美しい螺鈿細工のような魅力がある。ラ・ヴァルスって、ワルツなのに不安で刹那的な響きを感じるのはなぜ? この曲と彼のキャラ、すごくマッチしている気がする。