スクリャービン「即興曲 Op.14-2」by 松田華音

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

松田華音さん。「かのん」というお名前はやはりカノンからなのだろうか。YouTubeをいろいろ見ていたら、凛としたスクリャービンの即興曲 嬰へ短調 Op.14-2を発見。スクリャービンって交響曲「法悦の詩」、ピアノソナタ第5番とか、一種の「エロさ」が魅力なんだけど、彼女のスクリャービンは可憐な大和撫子といった風情を感じまする。ずっと子供の頃からモスクワで学び、モスクワを基点に活動されているのか。ノーチェックでした。


お母さんが「華音学」というブログを書かれておられます。

スポンサーリンク