突き指したぁ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2 第1・9・10番
スケールとアルペジオ
 変ニ長調・変ロ短調
ツェルニー40番
 第3番 ハ長調、第4番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア 第13番 イ短調
モーツァルト
 ソナタ K.V.547a ヘ長調

ヤマハで楽譜を探しているときに、楽譜を落っことしそうになって、左手小指を軽く突き指してしまったみたい。その時は何ともなかったけど、ピアノを弾くと痛む。

ま、せっかくメトロノームも買ったので、夕方5時スタート。

「ピアノのテクニック」、スケール&アルペジオは来週分の予習もしておく。

ツェルニーは早速メトロノームを使ってみる。=108、あれ、このテンポじゃ楽勝じゃん オレうまいかも、と思ってたら、四分音符=108じゃなくて二分音符=108だった こんなスピードありえない。ま、ツェルニー先生の指定テンポは精神論として。

シンフォニア、イ短調。今日も各声部ずつ単独で練習。

モーツァルト、こちらもメトロノームに合わせると、何だかテンポがめちゃくちゃ伸び縮みしていることが判明。自分の頭で大丈夫と思ってても、一人で練習するのは危ないな、と思う。こういうとき、なるべくアンサンブルをやらないとって切実に思います。

スポンサーリンク