ムソルグスキー「禿山の一夜」by B.ベレゾフスキー

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ボリス・ベレゾフスキーによる、ムソルグスキーの交響詩「禿山の一夜」のピアノアレンジ。いやー、ピアノって打楽器であること、改めて実感させられるな。映像を見ないで音楽だけ聴くとと、鉄製打楽器のオーケストラが演奏しているみたい。ぜひ、音だけで聴いてみてください。これ、本当に腕が脱力していないと、一曲弾ききれないだろうな。

スポンサーリンク