シューマン「アベッグ変奏曲Op.1」by ラン・ラン

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ


ラン・ランの演奏。変奏曲も表情も、めくるめく豊か。

ところで、名前の綴り(ABEGG)を音名に当てはめて主題を作るというアイデアは、シューマン以前にあったのだろうか? 言葉遊びで作品を作るというのは、彼のオリジナルのアイデア? ちょっと気になる。


ラン・ラン「ライヴ・アット・カーネギー・ホール」ライヴ・アット・カーネギー・ホール [DVD]
演奏/ラン・ラン
発売/ユニバーサル ミュージック クラシック

驚異的なテクニックと親しみやすいキャラクターで人気のピアニスト、ラン・ランのカーネギー・ホールで行われたデビュー・リサイタルの模様を収録したライヴDVD。(Amazonより)

スポンサーリンク