練習日誌- ショパンの和声にシビれる

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード(使用楽譜
ハノン/ピアノ教本 スケール&アルペジオ ホ長調&嬰ハ短調(使用楽譜
バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第2巻 ロ短調 前奏曲とフーガ使用楽譜
ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜

元旦から7日間連続で練習している。どうせ第4四半期後半の2月中旬以降は、売上不足や来期の予算作りに追われるのは目に見えている。今のうち、練習できるときに進めておきたい。

23時スタート、0時55分終了。

師匠のメトードとスケール&アルペジオは、しっかりやった。スケールとアルペジオもホ長調はスムーズに弾ける。嬰ハ短調なアルペジオが若干乱れる。今週のうちにブラッシュアップしないと。

バッハの平均律 第2巻のロ短調、前奏曲もフーガもようやく装飾音が決まるようになってきた。ここがキチンと入るようになれば、暗譜に移れる。あともうひと息だ。

ショパンのエチュード 変ホ短調 op.10-6、4ページあるうちの2ページ目、和声を感じながらゆっくりとしたテンポで左右別々に練習。中間部、ホ長調に転調したところのベースラインが本当に美しい。
ショパン練習曲 変ホ短調 op.10-6 ホ長調に転調して2小節目。コードはF#m7だが、ソプラノg#なのでF#m9だ。この9thの緊張感の後、ソプラノが一音下ってF#になるのに、左手のベースが一音上がってg#に。9thの不協和音が転回するような和声進行に鳥肌が立ちそうになる(上の赤い部分)。

久しぶりのショパン、存分に味わいたい。しゃぶりつくしたい。


SEIKO クォーツ メトロノームクォーツメトロノーム SQ-50V (セイコー)

私が使っているメトロノームです。くるくると回すツマミ式です。練習しながらテンポを調整するのは、デジタルスイッチのものよりも使いやすいです。8/分くらいずつしか調整できないですが、実用には十分。ポコポコ木魚を叩くような柔らかい音が気に入っています。一休さんが頭をひねったときに鳴る木魚の音を想像してください。フィンガートレーニングの先生も同じのを使ってます。重さ/140g サイズ/幅67mm×高さ95mm×厚み32mm

スポンサーリンク