練習日誌- 仕事始めから夜更かしはいかん

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

金子勝子/瞬発力のメトード(使用楽譜
ハノン/ピアノ教本 スケール&アルペジオ ホ長調&嬰ハ短調(使用楽譜
バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第2巻 ロ短調 前奏曲とフーガ使用楽譜
ショパン/練習曲 変ホ短調 op.10-6使用楽譜

仕事始め。朝早くに出勤した。今日は午前中は全社の新年会、午後、上司から朝一番で指示があったクラウドでの情報共有システムの全体的な設計をやって、夕方、部門のスタッフで初詣に参拝。夜6時30分には神社を後にして、直接帰路についた。

家に帰って、ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、写真を整理したりしているうちに日付が変わってしまった。結局深夜1時から練習スタート。ところが、えらい集中力でフーガ、エチュードとも練習してしまい、気がついたら深夜3時前。これは、いかん。早く寝ないと(なんて書きながら、ブログを更新しているのだが)。

とにかく、フーガ、エチュードとも4ページあるうちの1ページは楽譜を見ながら何とかひけるようになった。いずれも2ページ目を集中力アップして攻略中。覚醒してしまったようだ。


フーガ (文庫クセジュ)フーガ (文庫クセジュ)
著者/マルセル・ビッチ、ジャン・ボンフィス
翻訳/余田安広  監修/池内友次郎
発行・/白水社

フーガって、厳格な形式やルールを想像していないだろうか? 著者いわく「フーガとは主題、主唱からはじまる、模倣に基づいた対位法的な展開」以外の何物でもないと。すごく簡単にいうと、「最初にメロディーを歌って、次にメロディーを多少アレンジをして、属調あるいは下属調でハモッて歌えば、これもフーガ」ってことだ。以前、こちらのページでも書評を書きましたので、ぜひご参考に。

スポンサーリンク