三時間も練習しちまった

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2 第4・8番
スケールとアルペジオ
 ヘ短調
ツェルニー40番
 第2番 ハ長調
 第3番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア 第10番 ト長調
モーツァルト
 ソナタ K.V.547a ヘ長調
中田喜直
 3度の練習曲 ハ長調

夜10時半開始。

全メニュー少し前進させる。「ピアノのテクニック」は、先々週まで週二曲ずつ前進させてたけど、新曲は一曲にして、もう一曲は以前に苦手だったのをやり直すことにした。スケール&アルペジオはヘ短調ヘ。この調、意外に苦手。

ツェルニーは第三番へ。アルペジオの練習。片手ずつ、天池真佐雄『ピアノ上達法』を見ながら、ひじと手首の位置を確認。

シンフォニア、次はト長調をやることにした。イ短調にしようか迷ったけど、好きな曲は後のお楽しみに。まずは三声部を別々に練習。仕上げるにはちょっと時間がかかりそう。

モーツァルトは真剣に仕上げにかかる。第一楽章は苦手な四ヶ所だけ、抜き出して徹底練習。展開部の三度のスタッカート、なかなか粒が揃わない。第二楽章、苦手な中間部の二度進行の練習に20分ほどかけた。何とかゆっくりで弾けるようになった。

気が付くと1時半 早く寝なきゃ。

スポンサーリンク