金子先生、レッスン3回目報告

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

バッハ
 シンフォニア 第15番 ロ短調、第12番 イ長調
ショパン
 ノクターンop.9-1 変ロ短調

金子先生のレッスン三回目。相変わらず緊張するな。

バッハのロ短調は自信があったのに、いざ弾いてみるとガタガタ。単純にツメが甘かったのだろう。先生は、もう一回する と、おっしゃって、思わず、ハイ、もう一回します、と応えた。二度めで自信あっただけにちょっとショック。イ長調は一度めで、いつも通り、一小節ずつ詳しく解説していただく。

ショパンは逆に自信がなかったけど、いいんじゃない、よく練習してるわね、とのこと うーむ、自分がわからくなった。
その後、練習曲の相談。正直、ツェルニーは二度めで飽きた旨を伝えると、「ショパンやってみる」とのこと。ショパンのエチュードですか。頑張りますと、二つ返事。楽曲はラフマニノフの「エレジー」に決定。

いきなりハードルが高くなったぁ。


金子勝子ピアノブログ ステップbyステップ金子勝子ピアノブログ ステップbyステップ
著者/金子勝子
発行/ショパン社

自分の先生に、なかなか訊くことができない素朴な疑問や悩みに、師匠・金子勝子先生がズバリ本音で答えています。例えば、「二人の先生につきたいが、今ならっている先生に言い出せないのですが‥‥」「自分の先生のリサイタルのとき、楽屋に行ってもいいものでしょうか‥‥」「音大に社会人入学で自信が持てない‥‥」。ぜひ!