いざ、悲愴へ

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2 第19番
ハノン 第3部
 第44番
スケールとアルペジオ
 イ長期
ツェルニー40番
 第8番 ハ長調、第9番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア 第8番 ヘ長調、第9番 ロ短調
ベートーベン
 ソナタop.79 ト長調
 ソナタop.13 ハ短調「悲愴」

凹んでいても仕方がない、というか、ダメもと、いや、下手もとなんで、夜10時に練習開始。

ベートーベンの「悲愴」向け準備として、ハノンの第3部を加えた。懐かしい。「ピアノのテクニック」とスケール&アルペジオも、一つ前に進める。

ツェルニーは、昨日、先生の演奏を聴いて、劇的に変わったと思う。音のバリエーションに注意しないと。

シンフォニアはヘ長調とロ短調。シンフォニアも暗譜した方がいいのだけど。

さて、ベートーベンの悲愴ソナタ。まずは軽い第三楽章から取りかかる。右手と左手別々に、指に覚え込ませていく。うーむ、これまでにない、高い山だぁ。