準備練習を少し減らす

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2 第5・7番
スケールとアルペジオ
 変ニ長調
ツェルニー40番
 第1番 ハ長調
 第2番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア 第6番 ホ長調
モーツァルト
 ソナタ K.V.547a ヘ長調
中田喜直
 3度の練習曲 ハ長調

夜11時スタート。

「ピアノのテクニック」とスケール&アルペジオを一曲ずつ減らした。といっても「ピアノのテクニック」は、前週いま一つだった5番をやり直し。

ツェルニーは1番を仕上げつつ、2番に進む。左手のスケール練習。初日は譜読みもするのでどうしても時間がかかる。

シンフォニアのホ長調。中間の左手のアルペジオの下降が、相変わらず詰まる。テンポをかなり落として何度も練習。

結局、ここまでで一時間強。モーツァルトのソナタは、第一楽章、再現部の最後、左手の変ロ長調のスケールが課題。明日はスケール練習やり直そう。

中田喜直の3度の練習曲、何だか楽しい曲に思えてきた。

スポンサーリンク