ピティナステップの2014年度参加要項が届いた

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピティナ・ピアノステップ2014年度参加要項ピティナ・ピアノステップの2014年度の要項がポストに入っていた。2013年は多忙のため、一つもステップに参加できなかった。コンクールも参加しなかったので、グランミューズの年会費だけ支払ってもったいないことをした。最近、ピアノフォルテやチェンバロが弾けるステップ、室内楽のステップもあるので、来年度は特徴のあるものに参加してみたい。

さて、2013年度からの一番大きな変更点は参加料金の改定だ。

消費税率アップに伴い、2014年4月1日以降に開催する地区を対象に、参加料金が一律500円の値上げになるとのこと。また、ウェブ申込時のシステム利用料が315円(税込)から324円(税込)に変更。

2014年度に向けた重要なお知らせ(ピティナ公式サイト)

消費税率アップに伴う値上げは理解できるが、以前からインターネット申込時のシステム利用料徴収はいかがなものかと私は思っている。本来、ヒトのオペレーションコストがかかる郵送での申し込みより、ネット申し込みの方が省力化が図れるはず。システムの償却費をネット利用者が負担することにしていると思われるが、これは本末転倒の気がするのだが‥‥。

それから、2013年度から、フリー15 分を超える楽曲も続けて演奏できるようになった。

フリー15 分を超える楽曲の参加申込みについて(ピティナ公式サイト)

ただ、いくつか留意点がある。

  • フリーステップにおいて、同一楽曲に限り、15 分+ n 分という形で申し込むことができる。
  • 同一楽曲とは、コンチェルト、ソナタ等の構成を持つ、一つの楽曲とする。(自作曲・自編曲は除く)
  • 申し込めるのは1曲(または同一楽曲内の複数楽章)のみ。2 曲演奏したい場合は、別に申込みが必要。
  • Web 申込みでのみ対応します。また、この申込みができる地区は一部に限られている。 等
  • 私は15分を超える大曲を演奏することはないが、これまでベートーヴェンのソナタ全曲を、半分に分けて演奏している参加者を見てきたので、こちらは朗報だと思った。

    あと、要項と同時に届いた「課題曲シート」は、昨年までのものに比べてずいぶんとシンプルで読みやすくなった。課題曲リストと、申し込み番号を書いた「コードブック」を分けたことによるものだ。しかし、ちゃんと見ると「課題曲シート」の掲載曲は、レパートリーの中からよく演奏される曲だけの抜粋だった。ここは注意したい。

    スポンサーリンク