今夜もピアノ馬鹿

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2 第5・6番
スケールとアルペジオ
 変イ長調とヘ短調
ツェルニー40番
 第1番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア 第11番 ト短調、第6番 ホ長調
中田喜直
 3度の練習曲 ハ長調

11時スタート。

ツェルニー40番。第10番までは楽勝なんて、一昨日思ってたけど、ハ長調のスケールというのが意外に難しい。キレイにツブを揃えて、40番練習曲で要求されるスピードを維持するには、二週間必要だな。

バッハはホ長調。かなりテンポを落として丁寧に再現していく。こちらも中声部のスケール進行が、右手になったり左手になったり、ややこしい。昔はスムーズに弾けたのに。この曲は完全に以前の感覚を忘れてしまった。

ここでお風呂に入る。

お風呂から上がって練習再開。中田喜直の3度の練習曲。こういうメカニックな曲は、ムキになって、できるまで練習しちゃうんだな。10回くらい弾いても、後の5回は集中力が切れて、あまり効率がよくないんだけど。

気が付くと、深夜三時前。慌ててベッドに入った。今夜もピアノ馬鹿。

スポンサーリンク