Usagi’s Laxury Night in Tokyo

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

東京ラグジュアリーホテル今年最後の月次経営会議が終了。今年(第3四半期)の仕事が実質終わった。来週は第4四半期向けの準備と忘年会。あくまで、不測のアクシデントがなければだけど‥‥。

今夜は大好きなラグジュアリーホテルで読書三昧。吉本ばななの小説『ハネムーン』を読んでいる。

若い頃のクリスマス前は、大好きな女のコが隣にいても大してお金はなく、ようやく大人買いできる年齢になると今度は一人ぼっち。なかなかうまくはいかないものでござる。

さ、お風呂にでも入ろうか‥‥なんてね。


吉本ばなな「ハネムーン」表紙ハネムーン(中公文庫)
著者/吉本ばなな
発行/中央公論新社

世界が私たちに恋をした―。別に一緒に暮らさなくても、二人がたどる道はいつも家路で、二人がいる所はどこでも家だ…。互いでしか癒せない孤独を抱え、剥き出しの世界へと歩き始めた恋人たちの旅立ちを描く。限りない清らかさと生きることの痛みに彩られた静謐な愛の物語。(Amazonより)

スポンサーリンク