ツェルニー、最後の課題

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2
 第3・4番
スケールとアルペジオ
 変ホ長調とハ短調
ツェルニー30番
 第28番 ヘ長調
 第29番 ハ長調
 第30番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア
 第11番 ト短調
モーツァルト
 ソナタ K.V.547a ヘ長調

「ピアノのテクニック」と、スケール&アルペジオを一つ前に進める。左手だけでアルペジオをやると、甘かった部分がくっきりと表れて、ちょっと嫌な気分。

ツェルニー30番。第28番の同じ指使いの三度下降、第30番のジグザグ上昇進行が何度もつまずく。ここさえクリアすればおしまい。

バッハとモーツァルトは、テンポを落として丁寧にやるのが近道だろうなぁ。

スポンサーリンク