ラスト競技場を2周

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ピアノのテクニック
 指をほぐす練習その2
 第1・2番
スケールとアルペジオ
 変ロ長調とト短調
ツェルニー30番
 第28番 ヘ長調
 第29番 ハ長調
 第30番 ハ長調
バッハ
 シンフォニア
 第11番 ト短調

二日間サボったから気合いを入れて十時スタート。

「ピアノのテクニック」、スケールとアルペジオは先週と同じメニュー。

ツェルニーはラストの第30番へ。マラソンで、ゴールの競技場を最後にトラック二周走る気分ハ長調のユニゾンだけど、最初、両手でやると意外に難しい片手ずつゆっくり練習し始める。

バッハのシンフォニアはト短調をやることにした。技術的には、シンフォニアで一番易しい曲。優雅なメヌエット。でも三声で舞曲にするのはセンスが必要だ。

ソナタは取りかかれなかった。