猫に薬を飲ませようと大格闘、右手小指を負傷

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

麦ねこ
うちは白黒の鍵盤ねこと、麦畑柄の麦ねこ、2匹の猫を飼っています。

一週間ほど前から、猫のトイレの砂がゼリー状に固まっている箇所があり、どちらか下痢なのかな?と気になっていました。しかし、鍵盤ねこ、麦ねこともにいたって元気。普段と別状ないので様子を見ていました。

ところが、一週間近くたってもゼリー状の固形物がなくならないので、昨日、動物病院に連れて行くことに。で、問題は鍵盤ねこと麦ねこ、どちらの調子が悪いのか?がわからないのです。2匹とも元気だし、便をしているところを見せたがらないので。

きっと麦ねこだろうと、勝手な憶測で彼女をクルマで動物病院に連れて行きました。ですが、医師がお腹をぐりぐり触ると「うーん、便らしきものがありますね」とおっしゃる。で、鍵盤ねこだったのか!と思い直し、いったん帰宅して、今度は鍵盤ねこを診てもらうと、「うーん、この子も便らしきものがありますね」とおっしゃる。

一応、ゼリー状に固まった砂も持参して見てもらいましたが、ずいぶんと時間が経過しているので判別できないと。

うーん、わからん。

猫のトイレ、おしっこは砂の下にそのまま落ちる仕組みになっており、小便がゼリー状に固まることはどうも考えづらい。とりあえず、今度、ゼリー状のものが出たら、写真に撮って送ってみてもらうことに。そして、2匹分の整腸剤を3日分もらって帰りました。

帰宅後、早速、整腸剤を飲ませることに、ところがこの整腸剤、錠剤で直径が5ミリメートルほどあって、猫の口にはでかい。一応、飲ませ方を医師からレクチャーしてもらったので、まず鍵盤ねこから上あごを押さえて、上向きにしてみたんですが、すごく嫌がります。

小指のケガ一人だと飲ませられそうにないので、息子に両手をソファに磔の刑のように押さえさせて、私が上あごを開かせようとしたんですが、今度は死に物狂いで抵抗してきました。

で、爪を立てて、私の小指にぐさり。イテテ! じゅっと血が飛び散りました。それでも、飲ませなければ!と血まみれになりながら、何とか喉に薬を放り込みました。

その上で、今度は注射器で水を飲ませようとしたら、息子の手からすり抜けて、全力で部屋の中を逃げ回ります。いったん水は諦めました。

私も息子も鍵盤ねこもヘトヘトになりました。

しかし、もう一匹、麦ねこが残っています。意を決して、麦ねこをつかまえて、上あごを開いたところ、彼女はすんなり薬を飲み込みました。

どうやら薬の飲ませるコツがあるようですね。どうやって飲ませればいいんだろう? 気が重い。

スポンサーリンク

コメント

  1. スミコ より:

    はじめまして。その後猫ちゃん達の様子はいかがですか?私もメス2匹(白黒と茶トラ)飼っていますが、ウンチに異変があると心配だし大変ですよね。うちは白黒が過食気味で困ってます。太いくせにピアノの中に無理矢理入ろうとするし、爪切り暴れるしやんちゃです。
    私も2年前ピアノ再開し、今週末ステップ初参加、30年振りに人前で演奏します。シンフォニア変ロ長調とフランス組曲ハ短調アルマンド。鍵盤うさぎさんのシンフォニア大崩壊の記事を見付けて色々勉強させていただきました。暗譜のつもりでしたが、直前になって思わぬ所でミス頻発してるので、楽譜を置く(譜面台立てずに水平に)かどうか迷ってます。お守り代わりに置けば少しでも平静になれるかと。

  2. 鍵盤うさぎ 鍵盤うさぎ より:

    スミコさま、おかげさまで治ったようです。原因が分からないのが、ちょっと気がかりです。シンフォニア変ロ長調、傑作ですよね。大好きな一曲です。素敵なステージになりますように。

  3. スミコ より:

    猫ちゃん治って良かったですね。初ステップは大きなミスはなく何とか弾き切りましたが、ビデオを見るとカチコチで、、。次はもうちょっと緊張せずに弾きたいものです。フルコンの響きにうっとりし、先生方に暖かいコメントを頂き、他のグランミューズの方ともお話しできて楽しかったです。