ベーゼンドルファー&ホールで贅沢なレッスン

シェアする

読む前にクリックね → にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ホール&ベーゼンドルファー
今日はホールを借りてリハーサルレッスンだった。場所は赤坂区民センターのホール。初めての場所だ。

私のレッスンは20時50分から30分間。19時半に会社を出て、渋谷駅からメトロ銀座線で青山一丁目駅へ。駅から結構歩いた。

区民センター内のホールということで、期待していなかったのだが、ピアノのリサイタルにちょうどいい広さ、400席の中規模ホールだった。しかも、ベーゼンドルファーのセミコンサートグランドピアノ。ぜいたくなレッスンとなった。

スタインウェイ社のファイル楽譜はスタインウェイ社のファイルに入れていった。こだわりの小道具(笑)。

ただ、私の前の社会人女性も、その前の女子中学生も、ベーゼンドルファーのピアノに大いに苦戦していた。私は杉並公会堂の練習会で、一番でかいコンサートグランドピアノ「インペリアル」を弾き慣れているので、ま、大丈夫だろうとたかをくくっていた。が、いざ、弾き始めると、何だか指が回らない。粒が揃わない。

師匠・金子勝子先生から、何度もダメ出しを受けた。弾きながら、心の中で何度も「先生、おうちのピアノだったらちゃんと弾けてるんですよ」と連呼してしまった。

最後に「通しの練習はいいから。今日、厳しかったところを徹底的に部分練習すること」と師匠。はい。承知しました。

しかし、いつもながら、ベーゼンドルファーのピアノって、弾いていて「粗があぶり出される」特徴がある。スタインウェイのピアノは、多少、粗い箇所も響きでカバーしてくれそうだけど、ベーゼンって響きでズバッとダメ出しされるというか。

ベーゼンドルファーのグランドピアノ弾いたことある方、この感覚わかりますよね?